ロシア軍の情報です。
画面下部のコンテンツで各コンテンツの動画を紹介しています。

ロシア軍ロシア軍

ロシア軍の紹介
1992年にソ連は崩壊したが、その強大な兵力を引き継いでいる。
2000年以降経済の成長に伴い軍事支出も急成長。プーチン政権はロシア軍の再建に乗り出し、軍需産業を振興している。その額は1999年から2010年まで10倍以上に増えている。
伝統的な陸軍国であり、主力戦車のT-90は、自衛隊の90式戦車やアメリカのM1エンブラムスとならぶ世界最強クラス。
また海軍力でもソ連崩壊後の軍縮により衰えたものの、原子力潜水艦の保有ではアメリカにも匹敵する。
原子力潜水艦タイフーン級潜水艦をはじめ原子力、通常動力合わせて60近い潜水艦を持ち、空母1隻にイージスシステムに近い防空システムを持つ キーロフ級ミサイル巡洋艦、長射程の対艦巡航ミサイルを多数装備しているスラヴァ級ミサイル駆逐艦なども主力として保有している。
空軍力では、第4世代機は、MiG-29、Mig-31、Su-27をそれぞれ300機以上保有し、またSu-35など第4++世代ジェット戦闘機を11機だが運用している。

軍事支出額(2010) 525億ドル
GDP比(2009) 4.3%
【関連】
日露問題

ロシア軍絞り込み

The same area

  • ウクライナ軍

ホーム

pagetop