K9 155mm自走榴弾砲の動画情報です。
紹介文と動画でK9 155mm自走榴弾砲をご案内しております。

韓国軍K9 155mm自走榴弾砲(韓国軍)

K9 155mm自走榴弾砲

K9 155mm自走榴弾砲の紹介
K9 155mm自走榴弾砲は、大韓民国が開発した自走砲。愛称はサンダー「雷鳴」。
北朝鮮は10,000門以上の火砲(170-240mmクラス)をDMZ沿いに配置、特にM1989 170mm自走加農砲「コクサン」(谷山砲)は射程60kmに達する。これに対抗し韓国陸軍と在韓米軍はM109 155mm自走榴弾砲などを装備してきたが射程威力に押されたので1980年代から新型自走砲を開発した。
砲撃開始以後最初の3分間の最大連続射撃速度は毎分6発、それ以降の長時間連続射撃速度は毎分2発となっているが、延坪島での実戦射撃でも射撃開始からの5分間で射撃できた弾数は(カタログ上は6発×3分+2発×2分で計22発の発射が可能となっているが)1分30秒に1発の割合で、計4発しか射撃できていない。(wikipediaより)

k-9自走砲の射撃映像

メールで送る

映像k-9自走砲の射撃映像

映像K-9自走砲国内初の直接照準射撃動画

映像K9サンダー155ミリ自走榴弾砲

映像【国防】最強の火力!陸軍第2機甲旅団通知合同訓練

映像韓国のK9

映像韓国のK9サンダーSPG&K10弾薬補給車

映像韓国軍K-9 サンダー

映像韓国軍の音楽

ニュースドキュメンタリー(外国語)K-9 サンダー


ホーム
pagetop