F-16A/B Block 20の動画情報です。
紹介文と動画でF-16A/B Block 20をご案内しております。

台湾軍F-16A/B Block 20(台湾軍)

F-16A/B Block 20

F-16A/B Block 20の紹介
F-16 Block 15 OCUを元に能力向上(MLU)仕様として中華民国空軍向けに新造された機体。
ただし、レーダーはダウングレード型のAN/APG-66(V)3になっており、AIM-120が運用できない代わりにAIM-7を運用する(現在はAIM-120の運用が可能になっている)。
1997年から配備開始。Block 20はBlock 15からBlock 25へ生産移行した際に空き番号になっていたので、MLU仕様で製造された機体に割り当てられた。軍備を増強する中国に対抗するため、アビオニクス(飛行に使う電子機器)の更新、SABR AESAレーダーの搭載、新型ミサイル・爆弾運用能力の付加などアビオニクスの更新やF100-PW-229エンジン搭載の研究などアップグレードが行われる予定。(wikipediaより)

F-16 vs Su-27

メールで送る

映像F-16 vs Su-27

映像F-16 台湾航空ショー 2014元旦

映像Lockheed Martin F-16 B Block20 (MLU) take off at RCKU

映像Taiwan AirForce F-16 CCK AFB AirShow 2010

映像台湾空軍 F-16 新竹基地航空ショー 2010

映像台湾空軍F16対艦攻撃

映像空軍 F-16 護衛ミッション(ダイジェスト版)


ホーム
pagetop