化学防護車の動画情報です。
紹介文と動画で化学防護車をご案内しております。

自衛隊化学防護車(自衛隊)

化学防護車

化学防護車の紹介
化学防護車は、核兵器や化学兵器が使用された状況下において、放射線や汚染状況を調査、測定するNBC偵察車両である。82式指揮通信車を改設計して開発され、1987年に制式採用された。平成21年度までに30両以上が導入され、主に陸上自衛隊の中央特殊武器防護隊(大宮駐屯地)、各師団および旅団内の化学防護小隊などに配備されている。小松製作所製造、平成21年度における調達価格は約2億円。
各部の密閉度を上げ、空気浄化装置を装備することで乗員を外部の汚染から守り、車外の放射線の測定や毒ガスの検知が可能になっている。
本車両は、1995年に発生したオウム真理教による地下鉄サリン事件の際に初めて出動し、物質特定などを行った。東海村JCO臨界事故の際も現場近くに待機したが、活動は行われてはいない。2011年の福島第一原子力発電所事故でも中央特殊武器防護隊所属車両が派遣されている。 (wikipediaより)

はたらくクルマ最前線2010:化学防護車

メールで送る

映像はたらくクルマ最前線2010:化学防護車

映像木更津航空祭2010 化学防護車&除染車・展示

映像科学防護車-陸上自衛隊-

映像陸上自衛隊装備化学器材 化学防護車(装輸)CRV

タグ

陸上自衛隊


ホーム
pagetop