テポドン2号の動画情報です。
紹介文と動画でテポドン2号をご案内しております。

北朝鮮軍テポドン2号(北朝鮮軍)

テポドン2号

テポドン2号の紹介
テポドン2は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が開発した大陸間弾道ミサイル(ICBM)。 テポドン1号はテポドン2のテストベッドであると考えられているが、多段式ロケットの技術開発としてテポドン1号を試作したと言われている。1998年8月31 日にこの試作品が発射されたが、三段目の個体燃料ロケットを切り離す際に爆発したと言われている。
テポドン2は北朝鮮が初めて開発した大陸間弾道ミサイルであり、射程は実験の結果からの解析で弾頭重量1t~0.5tで6,700~13,000kmとされている。
弾頭はペイロードに合わせて高性能爆薬・核・生物化学兵器が選択可能である。 (wikipediaより)

北のテポドン発射準備(関西メディアが伝える、真実!)

メールで送る

ニュース、ドキュメンタリー(日本語)北のテポドン発射準備(関西メディアが伝える、真実!)

ニュース、ドキュメンタリー(日本語)北朝鮮のミサイル兵器

映像テポドンがやってくる

映像軍事、北朝鮮を起動 - 北朝鮮テポドン2発射

評論番組1/2【鍛冶俊樹】北朝鮮のミサイル発射と日本の防衛の今後[桜 H21/4/9]

評論番組2/2【鍛冶俊樹】北朝鮮のミサイル発射と日本の防衛の今後[桜 H21/4/9]

評論番組【藤井厳喜News解説】北朝鮮、恐れるに足らず:抑止力こそ国防の基本!


ホーム
pagetop