タイフーン型原子力潜水艦の動画情報です。
紹介文と動画でタイフーン型原子力潜水艦をご案内しております。

ロシア軍タイフーン型原子力潜水艦(ロシア軍)

タイフーン型原子力潜水艦

タイフーン型原子力潜水艦の紹介
ソ連海軍の戦略原潜に搭載される弾道ミサイルは、液体燃料主体であり、固体燃料ロケットは、ヤンキーII型で試作されたR-31(SS-N-17)のみであった。本型は、新型の固体燃料弾道ミサイルR-39を搭載するために計画された艦である。
R-39は、約9,000kmの射程距離を持つ長射程ミサイルで、それ以前のR-31に比べると性能は大幅に向上したが、重量が100t近くなったため、それまでの667B 設計(デルタ級)シリーズには搭載できない「マンモス」ミサイルになってしまった。そこで、同ミサイルを搭載するために、新たに大型の原潜を設計する事になり、建造されたのが941 設計であった。このためもあってか、941 設計は、水中排水量が48,000tに達する空前絶後の超巨大潜水艦となった。タイフーンは、これまでの潜水艦とは異なる革新的なデザインで当時の西側諸国を驚かせた。(wikipediaより)

動画未登録

このコンテンツの動画は登録されておりません。
メールで送る

ホーム
pagetop