ニュース記事一覧
軍事関連のニュースを紹介しています。

【動画】李承晩ライン

【動画】李承晩ライン

1952年1月18日に、朝鮮戦争が実質的休戦状態となったことで軍事的に余裕をもった韓国は李承晩ラインを宣言し竹島、対馬の領有を宣言して、連合国占領下にあり、自国軍を持たないかつての宗主国である日本への強硬姿勢を取るようになった。
李承晩ラインは、建国されたばかりの韓国が海洋資源の独占、領土拡張を目的とし、廃止が目前であったマッカーサー・ライン(※1)の代わりに独断で公海上に突如設定した排他的経済水域である。この海域内での漁業は、韓国籍漁船以外では行えず、これに違反したとされた漁船(主として日本国籍、ほか中華人民共和国国籍)は韓国側によって臨検、拿捕、接収、銃撃を受けるなどした。銃撃により乗組員が殺害される事件も起こっている。

これに日米両国は「国際法上の慣例を無視した措置」として強く抗議した。しかし、当時はサンフランシスコ平和条約を署名はしていたものの発効3ヶ月前で日本の主権は回復しておらず、また日本の海上自衛隊の前身組織である海上警備隊・警備隊も存在していなかった。

日韓基本条約締結の際の日韓漁業協定の成立(1965年)により、ラインが廃止されるまでの13年間に、韓国による日本人抑留者は3929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人を数えた。
※1 マッカーサー・ラインとは、第二次世界大戦後の日本を占領統治していた連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の文書SCAPIN第1033号「日本の漁業及び捕鯨業に認可された区域に関する覚書」によって決められた日本漁船の活動可能領域のことである。



強硬に出た背景

韓国国内では、済州島四・三事件保導連盟事件及び国民防衛軍事件等が発生し各事件では数万人以上の犠牲者が発生しており、韓国国民の韓国政府に対する不満が高まっていたという背景があった。(wikipediaより)

【関連】
朝鮮戦争

2014年11月09日

山口県・李承晩ラインの漁船拿捕と船員抑留

メールで送る

ニュース、ドキュメンタリー(日本語)山口県・李承晩ラインの漁船拿捕と船員抑留

映像三橋貴明、中国と韓国の反日政策の原因は李承晩と江沢民だったと暴露!

映像日本に対する李承晩の数々の暴挙

評論番組what'snow 2012/08/14 李承晩ライン

評論番組【青山繁晴】竹島が日本領土の根拠を韓国人学生に説明



ホーム

pagetop